PythonでSlackにWebhookを使って通知する方法

今回の記事ではSlackにWebhookを使って通知する方法について解説していきます。
Webhook URLが必要となりますので、まだ取得していない方は、
https://slack.com/services/new/incoming-webhook
から通知したいチャンネルを選択してWebhook URLを取得しましょう。

スポンサーリンク

Slackへ通知するプログラム

PythonでSlackへと通知する基本のコードは下記の通りとなります。
URLのところには先ほど取得したWebhook URLを設定してください。

usernameやattachmentsなどが書いている部分について解説します。

username

usernameではSlackへと投稿するユーザー名を変更することができます。
変更しない場合には何も変更していなければ、incoming-webhookが表示されます。
Slack側での設定も可能です。

icon_emoji

icon_emojiでは投稿するときのアイコンを変更することができます。

attachments

attachmentsの部分は投稿する内容の部分となります。
colorは投稿の左側に色をつけることができます。
fieldsは本文となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました