【Windows】Pycharmのインストールの仕方

Python入門

PycharmとはPython専用の高機能IDEです。
IDEとはIntegrated Development Environmentの略で、エディタだけでなくプロジェクト管理や
デバッガなど開発に必要な機能を統合的に提供するアプリケーションのことです。

WindowsだけでなくMacやLinuxでも動作します。
全機能搭載の「Professional」と、コミュニティ版で無償の「Community」があります。

今回はコミュニティ版をWindowsにインストールする手順を解説していきます。
Pycharmをインストールして、Hellow_World.pyを実行するまでを行います。

スポンサーリンク

Pycharmのインストーラのダウンロード

まずは公式サイトからダウンロード
公式サイト(Windows版)
 
インストーラがダウンロードされます。

Pycharmのインストール

インストーラを実行します。

格納場所に問題なければNextをクリックします。

画像は64bit版にインストールをしていくときの設定となります。

あなたのPCが何bit版かを確認するには、Windowsキーを一度押してそのままどこもクリックしないまま「システム」と入力します。
すると、システム欄にあなたのPCに関する情報が記載されています。

32bit版の方は32側を選んでいただいて、一番最後のチェックボックスにもチェックを入れてください。

次の画面もそのままInstallを押していただいて問題ないです。

Completing Pycharm Community Edition Setupと表示されれば、インストールは完了です。
Finishを押してください。

Pycharmの設定

それではスタートメニューからPycharmをクリックして起動します。
最初に以前の設定を引き継ぐかどうかが聞かれます。
今回のはもともとインストールされていた時の表記となっていますが、初めての方は「Do not import settings」を選択してください。

Pycharmのプライバシーポリシーに同意が求められる画面が表示されますので、同意してください。

同意して次の画面にいくと、普段使うときの画面の色を選択することができます。
後程変更することもできますので、こちらはまずはお好みのほうを選ぶといいです。

画面のデザインを選択した後は、
プラグインのインストールをするかどうかの画面がでてきます。
後でも入れることは可能ですが、今回はMarkdownとBashのプラグインをインストールした状態の画像となっています。

これでPycharmを動かすまでの設定作業は終了です。
続いて、Pythonファイルを作って動かすところまでを解説していきます。

Hello Worldを表示させる

設定がすべて完了すると、スタートの画面がでてきます。
ここでまずはCreate Projectを選択してプロジェクトを作成します。

Create Projectを選択すると、Locationを選択する画面がでてきます。
サンプルの画像ではデフォルトのものから変更していますが、問題なければデフォルトでそのままでよいです。

プロジェクトが作成されると次のような画面が作成されます。

Hellow Worldを出力するために新規のPythonファイルを作成します。
プロジェクト名を右クリックして選択していきます。

Pythonファイルを選択して、Hellow_Worldと名付けます。

Hellow_World.pyの中身にprint(“Hellow World!”)を記述します。

コードの内容を記述したらプログラムを実行します。
実行の仕方としては、対処のファイルのタブを選択して、右クリックするとRun出てきますので、それを選択します。

プログラムを実行すると、下のほうに実行結果として出力されます。

これで、Hellow Worldを出力するまでの流れは完了です。

こちらの記事もあわせてどうぞ

Pycharmを日本語化する方法を徹底解説
Pycharmは最初は英語の表記になっているので、日本語に直したい!という方もいらっしゃると思います。今回はPycharmを日本語化する方法を解説していきます。日本語化プラグインのダウンロードのPreiades プラグイン・ダウンロードから
PycharmでGitを使うまでの手順
今回はPycharmでGitを使うまでの手順を解説していきます。説明に使うPycharmは日本語化プラグインを適用している状態ですので、もし日本語化したいという方はこちらの記事をご覧ください。Gitの設定確認Gitのインストールは済んでいる

コメント

タイトルとURLをコピーしました