【Python】pipのインストールから使い方までを徹底解説

Python入門

今回の記事ではPythonを使っていく上で必要となってくるパッケージの管理をしてくれるpipのインストールから使い方を解説していきます。

pipを使うことによって、他のひとが作ってくれたプログラムを使用するのが用意となって、pythonでの開発がスムーズに進むようになります。

もし、python開発をゴリゴリする方なら、pycharmという統合開発環境を使うのもおすすめします。pycharmを使うとpipコマンドはあまり意識して使うことはありません。
しかし、そこまで仕事で使うわけでもなく趣味や効率化といったレベルで使う人はpycharmの使い方覚えるよりもpipを使った方が楽に使えるでしょう。

スポンサーリンク

pipとは

Pythonパッケージのインストールなどを行うユーティリティのことです。
例として代表的なパッケージである下記のものをインストールするときに便利です。

  • 数値計算や機械学習で使う:numpy、pandas
  • スクレイピングで使う:requests

他にもPythonでは便利なパッケージがたくさんあり、それらをインストールするためにもpipは有用です。

pipはPython3.4系以降をインストールしていれば、使えるようになっています。
WindowsにはPythonが最初から入っているわけではないので、Pythonをインストールされていることかと思いますが、Macでは標準で入っているのが2.7系となっています。
pythonは使えますが、pipが使えるわけではないので要注意です。

また、AnacondaでPythonの環境を構築された方は、パッケージの管理としてcondaを使うことになります。

pipのインストールの仕方

お使いのOSによって対応が変わってきますので、
WindowsとMacで分けて説明します。

Windowsでのpipインストール

WindowsではデフォルトでPythonが使えるわけではないのでPythonをインストールされているかと思います。
Pythonのバージョンによって作業が変わってきます。
基本的には最近始めた方であれば、Python3系で用意されているかと思いますが、Pythonのバージョンを確認しておきましょう。

Windowsキーを押して、cmdとまずは入力してください。
※Windowsキーを押して入力すると、勝手に検索窓に入力されるかと思います。
cmdと入力した状態でEnterを押せばコマンドプロンプトが起動します。

その状態でpython -Vと入力してEnterを押すと、Pythonのバージョンを確認することができます。
Python3.4以降になっていれば問題ありません。
それ以前の方は後々記事を用意したいと思います。

引き続きコマンドプロンプトにpip3 –versionと入力してみて、versionが表示されればpipはインストールされている状態となります。

Macでのpipインストール

Macではpythonがデフォルトでインストールされていますが、python2系のため初期状態ではpipを使用することができません。
ただ、python2系はさまざまなパッケージが対応されていないこともあるので、python2系のままpipを使えるようにするよりはpython3系をインストールすることをおすすめします。
python3.4以降をインストールすることによって、pipも使えるようになります。

pipの使い方

pipのインストールの仕方については上で述べましたが、再度確認としてpipがインストールされているか確認しましょう。
Python3系をインストールした前提で手順の説明をいたします。

上記を入力してみて、エラーとならなければ問題なくpipは使える状態となっています。

pipが使える状態となっていればパッケージをインストールする際にはpip installを使用します。
仮にnumpyをインストールする場合には下記の通りです。

また、不必要なパッケージをインストールしてしまって、アンインストールしたい場合にはpip uninstall パッケージ名でアンインストールすることができます。

pipでインストールされたか確認する方法

pipでインストールされたかを確認するには

  • pip3 list
  • pip3 freeze

で確認することができます。
基本的にはどちらでも問題ありません。
違いとしては、仕事で複数のPython環境で開発する場合にはfreezeを覚えておいた方が便利といったぐらいの認識で結構です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました