GASでカレンダーのイベントを取得する方法

今回の記事ではGoogleAppsScriptでカレンダーのイベントを取得する方法を解説します。

取得するには次の通りに行います。

  • カレンダーIDを取得する
  • getEventsを使って、イベント一覧の配列を取得する
  • 予定の詳細情報はfor文を使って取得する

それぞれについて、詳しく説明していきます。

スポンサーリンク

GoogleカレンダーのIDを調べる

GASでGoogleカレンダーから予定を取得するためには、カレンダーIDが必要となります。

まず、グーグルカレンダーを開いて、
右上の歯車アイコン>設定をクリック

左側にあるサイドバー内にマイカレンダーの設定がありますので、
そこから予定を取得したいカレンダーをクリックします。

下のほうにカレンダーの統合という見出しがあり、
そのすぐ下にカレンダーIDがあります。

知らべたカレンダーIDをgetCalendarById関数に渡すことによってカレンダーを取ってくることができます。

getEventsを使ってイベント一覧を取得する

グーグルカレンダーの予定を取得するには、getEventsという関数を使用します。
getEventsでは取得したい期間の始まりと終わりを入力する必要があります。

今回の例では動かしたときから1週間以内のイベントを取得するように書いております。

イベントの詳細情報を取得する

グーグルカレンダーのイベント情報は配列の状態で返ってきますので、
イベント詳細を取ってくるにはfor文などで繰り返し処理をしてあげる必要があります。

次のような情報を取ることができます。

  • 開始時刻
  • 終了時刻
  • 予定の名前
  • 場所
  • 説明文

まとめ

GASでグーグルカレンダーのイベントをとってくるには、

  • カレンダーIDを調べる
  • getEventsでイベントの一覧を取ってくる
  • for文でイベントの要素を取得し詳細情報とる

これが基本的な取り方となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました