GASで空白を判定する方法

Google Apps Script

今回の記事では、
GASで空白のセルか、空白の文字列が含まれているかどうかを判定する方法を紹介します。

スポンサーリンク

セルが空白かを判定

サンプルデータを用意してみました。

これらのサンプルデータから名前が空白なものを取ってみたいと思います。

やっている内容としては、空白判定したいセルの情報をとってきて、
isBlank()を呼び出してあげることによって、空白かどうかを判定してくれます。

セルの取得の仕方についてはこちらをご覧ください。

空白の文字列が含まれているか判定

次にこのようなサンプルデータを用意してみました。

これらのサンプルデータから半角スペース、全角スペースが含まれているものを取り出してみたいと思います。

matchという文字列検索の関数を使用することによって、空白を探し出しています。
今回は正規表現ということで\sがスペースを表しています。

スペースを除外したいという場合にはif文の中に文字列置換の関数を書いてあげれば、
空白が除外されるようになります。

まとめ

Amazon.co.jp: 詳解! GoogleAppsScript完全入門 ~GoogleApps & G Suiteの最新プログラミングガイド~: 高橋宣成: 本
Amazon.co.jp: 詳解! GoogleAppsScript完全入門 ~GoogleApps & G Suiteの最新プログラミングガイド~: 高橋宣成: 本

コメント

タイトルとURLをコピーしました