人工知能

人工知能

改めて押さえておくシンギュラリティ―について

世間をにぎわせた、シンギュラリティ―について改めてまとめたいと思います。 シンギュラリティ―とは シンギュラリティ―(技術的特異点)とは、レイ・カーツワイル氏も提唱している概念で、 人工知能(AI)が、人工知能自身よりも賢い人工知能を生...
人工知能

人工知能かを判定するチューリングテストの解説

チューリングテストとは人工知能ができたかどうかを判定する方法の一つです。 今回の記事では、チューリングテストがどのようなものなのか?を解説していきます。 チューリングテストの発端となる模倣ゲーム イギリスの数学者である、アラン・チューリ...
人工知能

人工知能分野の研究で議論されている課題・問題

この記事では、人工知能分野の研究で議論されている問題をまとめています。 トイプロブレム フレーム問題 チューリングテスト 強いAIと弱いAI シンボルグラウンディング問題 特徴量設計 準備中 シンギュラリ...
人工知能

人工知能問題のトイプロブレム(おもちゃの問題)とは?

トイプロブレムとは、第一次AIブーム時代に生まれた言葉です。そして、第一次AIブームを終焉に導くこととなったキーワードでもあります。 この時代の人工知能には迷路やオセロといった、ルールが決まりきっているおもちゃのような問題しか扱...
人工知能

シンボルグラウンディング問題

シンボルグラウンディング問題とは、記号システム内のシンボルがどのようにして実世界の意味と結び付けられるかという問題です。 記号接地問題とも言い、ハルナッドによって1990年に命名されました。 シマウマを例に シマウマを例にとって説明しま...
人工知能

フレーム問題

人工知能の難題を表すのによく使われる例としてジョン・マッカーシーとパトリック・ヘイズの論文で述べられたフレーム問題というのがあります。 フレーム問題は有限の情報処理能力しかないロボットには、現実に起こりうる問題すべてに対処することができない...
人工知能

強いAIと弱いAIって結局のところなんなの?

強いAIと弱いAIとはアメリカの哲学者であるジョン・サールが自らの主張を説明するために提唱した2つの区分のことです。 強いAIを人間の心までを理解しているプログラムで、弱いAIを人間の心までを理解しているものではないが、表面上は模倣できるプ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました