強いAIと弱いAIって結局のところなんなの?

人工知能

強いAIと弱いAIとはアメリカの哲学者であるジョン・サールが自らの主張を説明するために提唱した2つの区分のことです。
強いAIを人間の心までを理解しているプログラムで、弱いAIを人間の心までを理解しているものではないが、表面上は模倣できるプログラムとしています。
ジョン・サールは弱いAI自体は可能だが、強いAIは実現不可能だと主張するために、中国語の部屋という思考実験を行いました。

スポンサーリンク

強いAIと弱いAIの違い

この議論は「機械は考えられるか?」というところから始まります。
そして、考えるとは理解できているということとしています。

そこに、ジョンサールはAIに対する考え方の立場の違いとして、強いAIと弱いAIという言葉を使いました。

どちらかといえば、AIは強力だ、AIはそこまで強力じゃない勢がいると捉えるのがよいでしょう。
強いAI派の人たちは、AIは人間の心までを理解することができていると主張する人達のことで、
弱いAI派の人たちは、心までは理解していなくて、表面上だけであると主張する人達のことです。

中国語の部屋

AIを人間に置き換えてみたと仮定した思考実験です。

英語しかわからない人をとある部屋に入ってもらいます。
部屋には英語で書かれているマニュアルが置いてある状態です。
ポストから一切れの紙が入ってきます。

その紙には中国語で書かれているので、英語しかわからない人にはただの記号の羅列に見えます。
ただ、英語のマニュアルには記号を見てそれと一致していたら、この記号を書いて返してください
と書かれています。

中に入っている人はマニュアル通りに、紙切れの記号をみて、マニュアルに書いてある記号を書いて返します。

ただ、外から見た人にとっては中国語でポストに投函したら、中国語で返ってくるので
中にいる人は中国人かと思うでしょう。中国語を理解してくれて、それに適切な回答をしてくれていると。

しかし、実際は中にいる人は意味もよくはわからないが記号で書いてあるのを判別して、
マニュアル通りに返しているだけなので、理解しているわけではありません。

これが、ジョンサールがいうAIは理解しているわけではなく、ただ作業的に処理をこなしているだけなので、
意味まで理解する強いAIは実現不可能だが、表面上理解しているように見えるAIは可能であると主張する根拠となる実験です。

ポイント

  • 強いAIとは人間の心までを理解しているとする立場のAIに対する考え
  • 弱いAIとは心までは理解していないが、表面上は模倣しているといえる立場のAIに対する考え
  • ジョンサールは強いAIは実現不可能だと主張するために中国語の部屋という思考実験を行った

コメント

タイトルとURLをコピーしました