改めて押さえておくシンギュラリティ―について

人工知能

世間をにぎわせた、シンギュラリティ―について改めてまとめたいと思います。

スポンサーリンク

シンギュラリティ―とは

シンギュラリティ―(技術的特異点)とは、レイ・カーツワイル氏も提唱している概念で、
人工知能(AI)が、人工知能自身よりも賢い人工知能を生み出すことが可能になる時点のことです。

レイ・カーツワイル氏は「2029年に人工知能が人間並みの知能を備え、2045年にシンギュラリティが来る」と提唱しています。

なぜシンギュラリティは2045年に到達するのか?

2045年にシンギュラリティに到達するという根拠となっている理論が、「収穫加速の法則」です。

収穫加速の法則とは一つの重要な発明は、他の発明と結びつき、次の重要な発明の登場までの期間を短縮し、
イノベーションの速度を加速することにより、科学技術は直線グラフ的ではなく指数関数的に進歩するという経験則です。

シンギュラリティが到達した後はどうなるのか?

シンギュラリティは自分より賢い存在を生み出すことが可能になるため、
ある時点での人工知能の能力を100としたときに、110の能力を持った人工知能を生み出すことが可能になり、
また、その人工知能は賢い存在を生み出します。

つまり、どんどん賢い存在が生まれるため、システム開発のスピードが爆発的になります。

まとめ

・シンギュラリティとは、人工知能自身よりも賢い人工知能を生み出す時点のこと
・シンギュラリティが2045年に到達する根拠は「収穫加速の法則」
・シンギュラリティに到達した後は、システム開発のスピードが爆発的になる

コメント

タイトルとURLをコピーしました