Progateで限界を感じたら次にすること

Progateで勉強を進めてきて、ある程度もうやり切ったと思いながらもほんとに実務で使えるのかどうか疑問に感じる方もいるのではないでしょうか?

実際Progateは素晴らしいサービスで自身も基礎を振り返るために使ってみました。
普段仕事でプログラムを書いている人間でも大事だなと感じます。

ただ、やはり実務レベルで問題ないかといえば。。。。

といった感じですね。

英語でもいくら文法を学んでも読んだりできるが、実際使うとなるとまた別物ですよね?

実際の現場レベルで使えて、自分の価値を高めていくには次のステージに行く必要があります。

次のステージに行くには、大きく二つ考えられるかと思います。

1つは未経験OK採用の会社に入ってみる
2つ目は実務レベルのプログラミングスクールに通う

私は、プログラミングスクールに通う方をおすすめいたします。

未経験OK採用の会社に入ったほうが、お金ももらえていいんじゃないかと思う方もいらっしゃると思います。

プログラミングスクールに通うにもお金がかかるので、懐としても厳しいですよね。
ただ、それでもやはりプログラミングスクールに通うことをお勧めいたします。

なぜかというと、未経験OKで研修をしっかりしますという会社というのは、
基本的に大手の会社ではないでしょう。中小企業ともなると人材の確保にも追われています。
なので、そもそも教育に割ける人材もそろっていないことが多くあります。

あとは、未経験だけど若けりゃすぐに覚えることぐらいできるでしょっていう淡い期待を持っているのですね。
だから、入ってみたけど全然違ったということが起こってしまうのです。

実務レベルに近いプログラミングスクールに通うと、運用までを見据えて教えてもらうことができます。
基本的な文法とかのお作法を教えてくれるところは運用レベルまでのところまではなかなか教えられないというのがあります。

会社によって、サーバーの構築方法だったり、フレームワークが違ったりしますので。。。

そして、ある程度の実績がないと安く自分を買われてしまうというのも大きいです。

しかし、プログラミングスクールである程度の実績を積むことができれば、採用する側としても
とてもイメージがつきやすいですし、高い単価でも問題ないとなることがあります。

ですので、最初にプログラミングスクールの費用をだすことは高い出費とはなりますが、大きなリターンとして返ってくることになります。

私のおすすめのプログラミングスクールとしては転職までもしっかりとサポートしてくれる
TECH::EXPERT
です。

ここは、転職できるところまでを保証してくれるところです。

プログラミングを覚えたはいいが、次に使えないとなるとこまりますよね。
そこまでのサポートをしてくれるのが安心ですね。



コメント

タイトルとURLをコピーしました